ニュージーランドの古典 アイアンゲート まるでシュヴァリエ・モンラッシェ

2017 4月 16 ニュージーランド, ワイン情報 このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by Wine Lover Bohemian
Pocket

先日、日本橋高島屋の地下催事ですすめられて購入していたワイン。
試飲はピノノワールしかできなかったのですが、なかなかよかったのです。
そしてシャルドネはさらにいいとか。本数がないので、試飲にまわせない、ということでした。

早速お食事会でいただいてみた。
ニュージーランドの古典的なワインらしいのですが、売り子さんの評では、シュヴァリエ・モンラッシェ。
そして、まさにそうなのでした。

最初は、非常にデリケートで、透明感があります。
そして、味はクリーミーになり、香はナッティになってきます。
決してつぎたしてはいけません。
じっくり変化を楽しみましょう。

そしてピノノワールです。
こちらはまるでヴォーヌ・ロマネ。

ニュージーランドのイメージではありません。
余韻など、まさにヴォーヌ・ロマネ・

価格もリーズナブルです。

Share Button
«  ニュージーランドの古典 アイアンゲート まるでシュヴァリエ・モンラッシェ  »

最新記事