バレンタインデーのプレゼントのワインといえば・・・シャトー・カロン・セギュール セカンドワインもハートのエチケットです。

2016 1月 17 サンテステフ, バレンタインデー, ボルドー このエントリーを myyahoo に追加 このエントリーを GoogleRSS に追加 このエントリーを ハテナRSS に追加 このエントリーを Livedoor RSS に追加 このエントリーを goo RSS に追加  by Wine Lover Bohemian
Pocket

注目!セカンドワインもハートのエチケットになったんです。これなかなかいいですよ。

icon
icon

ル・マルキ・ド・カロン・セギュール [2013] サン・テステフ
フランス/ボルドー・赤

マルキ・ド・カロンはカベルネ・ソーヴィニヨン60%、
メルロー30%、カベルネ・フラン10%のブレンド。

カシスやイチゴなどの赤・黒系果実の香りに、
皮革やスミレの花、エスプレッソ、カロン・セギュール特有の
ビターチョコレートのようなニュアンスも感じることができます。

口に含むと、凝縮した果実味、甘やかなタンニン、
綺麗な酸が備わった優美でエレガントなボルドーワインです

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

バレンタインデーのプレゼントにワインを贈るとなりますと、

これでキマリですね。

サン・テステフ村の最北端、メドック格付け三級の有名シャトー。
18世紀、カロン・セギュールと共に、ラフィットやラトゥールを所有していたセギュール侯爵が言った、
「われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり」という言葉はあまりにも有名です。
そのエチケットゆえ、ご結婚やバレンタインのプレゼントなどとして人気のワインですが、
実際は素晴らしい熟成も期待でき、一級シャトーにも劣らないと言われるほど、
高品質で魅力的なワインを造り出しています。

シャトーが現在の名声を手に入れるようになったのは、
1995年にドニーズ・カベルン・ガスクトン夫人が亡き夫の跡を継いでから。
彼女は ブドウ畑の小区画ごとの丁寧な管理や、新しい醸造施設の導入など
積極的にシャトーの改善に取り組み、 ワインの質は大きく向上しました。
今ではもっともお買い得な格付けシャトーのワインとも言われています。

深みのあるダークルビー。
濃い色合いながらも、澄んでいて健全さを感じます。
ブラックカラントの甘やかな香りに、ハーブやリコリスの香りが絡みます。
口に含むと、上質な酸と滑らかなタンニンが印象的。
シルクのような上品な舌触りに、長い余韻が続きます。

滑らかで緻密な舌触り。
上品なタンニンをお楽しみいただけるワインです。

icon
icon

カロン・セギュールは非常な人気で、グランクリュはなかなか入手できないかもしれません。

実は、セカンドワインもハートのエチケットになったんです。これなかなかいいですよ。

icon
icon

ワイナリーはこんなところです。
   ↓ ↓ ↓

シャトー・カロン・セギュール訪問記

ほかにエノテカのバレンタインデーギフト

   ↓ ↓ ↓

icon
icon

Share Button
«  バレンタインデーのプレゼントのワインといえば・・・シャトー・カロン・セギュール セカンドワインもハートのエチケットです。  »

最新記事